2007年10月21日

まびたる演奏会レポ

ということで、毎度ながら演奏会レポです。
今回は「第9回まびたる演奏会〜銀杏の香る季節〜」ということで、
実はこの演奏会を聞くのも、復帰の楽しみでした。

なので、毎度おなじみ。

mabinogi_2007_10_21_001.jpg

大河見る前に最前席かぶりつき状態にしておきましたヽ(゚∀゚)ノ

最近の演奏会は合奏スキル等も実装され、演奏会そのもののレベルが
益々上がってきている様に思います。で、今回もまさにその通りでし
た。
以下、簡単ではありますが、レポというか個人的感想をば。
※演奏の曲名については載せていません。演奏者の方のお名前につい
ても、知人を除き記載しておりません。ご了承ください。

mabinogi_2007_10_21_004.jpg

今回も沢山の人と演奏者の方を揃えてスタート。以前より鯖が軽く
なった気がしないでも………うん、気のせいか。

一番手。
おめでたいお話が前説でありましたが、演奏の曲は失恋がテーマ。

mabinogi_2007_10_21_007.jpg

でも、失恋のつらさというよりはいい意味の旅立ちの様な印象。
こんないいお別れ(私的印象)が出来れば、ある意味幸せかも。


二番手はオリジナル五重奏が二曲。

mabinogi_2007_10_21_009.jpg

一曲目はシンセサイザーの様な音が面白い。ずれてしまった、との事
でしたが、私の耳には判らなかったな………。

二曲目はロック調、音も重い感じでペースも速い。ただ、重い音が潰
れないというのが凄い。この方の作る曲は、確か前の演奏会でもそう
だったけど、こういう低音を綺麗に出すなぁ、と何時も驚きです。


三番手。
七海さん登場。今回は完成にいたるまでかなり大変だった様でした
が。
mabinogi_2007_10_21_013.jpg

この曲は知らない曲。だけど、相当ぞくぞくした曲。今回の演奏会で
もかなり印象に残ってる。知り合いだからなのかな、とも思ったのだ
けれど、あれから三日経っても強く残ってるから、これは身内びいき
ではなく本音で。
音を聞きながら歌詞を追って、腹のあたりがずーんと来る様な、そん
な曲でした。

四番手。ここで前半は終わりでクラシック演奏。

mabinogi_2007_10_21_016.jpg

先週の演奏会でも聞かせて頂いた人なのかな。
曲目が判ってしまうかもしれないけれど、この曲を聴くたびに、32回
のフェッテを思い浮かべる。
今回も例外ではなく、あの情景を思い浮かべた。
と思ったら、舞台上で皆回り出すw流石w

ここで休憩。10分程度の中休み。この辺からなんとなーく座ってても
鯖が重く感じる様に。

休憩終わって五番手。
オリジナルとゲームで二曲。

mabinogi_2007_10_21_018.jpg

一曲目は、澄んだ音の集合体。
テンポは速めだけど、これは個人的に癒される曲。朝とか携帯でなら
したいな、アラームで。但し、癒されるが故に二度寝してしまうかも
しれない。私的にはそんな曲で、まったり気分でした。

で、二曲目はどこかで聞いたなー、と思ったらゲームの曲!
懐かしいなぁ。
そしてこれを殆どクリアできず、友人の後ろで観ていた記憶がorz


六番手の方は三曲。
mabinogi_2007_10_21_019.jpg

一曲目、まず最初に曲のイメージが説明されましたが、まさにそのま
ま。重い雰囲気と言葉は強烈でした。

二曲目、丁度明け方に演奏された曲。これってあのダンカン村長
の知り合いがDKになっちゃった時のBGMとかで流れたら、凄い合う
んではないかな、と、個人的に。

三曲目は、最初の歌と対になってるとのこと。
mabinogi_2007_10_21_021.jpg

7人合奏って初めて観た気がする。
どこか郷愁を誘う様なメロディラインの感じ。そして初音ミク仕様も
あるらしいので、そちらも聞きに行く予定。


七番手の方。
mabinogi_2007_10_21_023.jpg

最初から最後までとにかく笑いっぱなし(*´∇`*)
これは凄い。
知ってる曲では思わず中の人が歌ってました。いや、これってなんか
凄いとしか言えないんだけれども。ツッコミしたかったけど、タイミ
ングはかるの下手なのでorz 他の方との会話もコミで愉しみました。


そろそろ終盤、八番手の方。バンド系の曲が2曲。
mabinogi_2007_10_21_024.jpg

懐かしい曲だ!ああ、そういやあの時あの頃(ry と色々思い出し
ました。あのバンドももう復活することもないんだよねぇ………。
自分がカラオケで歌う事もあり、一緒に歌っていました。


そして最後、九番手の方。
ここでお詫び申し上げます。
弾正、この方の曲を前回聴けませんでした(凄い楽しみにしていたの
に)。なので、今回かぶりつきで見ていました。
そしたらSS取り忘れちゃったよ………!。・゚・(ノД`)・゚・。

でも音はしっかりきっちり聞かせて頂きました!

一曲目。
最初の曲は穏やかな曲。歌詞は切ないんだけど………寂しいとかそう
いう印象はない。何だろう、これは何て表現すればいいんだろうな。
泣くほど切なくはない。でも、何か胸をかき立てられる、そんな曲。
うわ、ボキャブラリ少ない自分orz

二曲目は恋愛ソングという説明あり。
これは本当にほんわか。今までこの方が作る曲を色々聴かせてい
ただいたけれど、その中で一番身近に感じられるというか。等身
大。
いつものスケールの大きい曲も好きなんだけど、今回のこの曲は
全く違う方向で、でもそれが凄いほんわかしていて、あったかい
印象。

かなりのボリュームの演奏会、これで一旦終了しましたが、この
後、アンコールが。

mabinogi_2007_10_21_028.jpg

小学校や中学校でよく掛かっていた曲が三曲。誰もが聞いたことのあ
る曲です。ちなみに私が最初から最後まで、フルで全部聞いたのは大
人になってからだったけれども(クラシックは大人になってから聴く
様になったので)。
最後のまったり感、夕焼けに染まって綺麗でした。そしてワルツは夜
のライトアップで雰囲気満点。

そして今回の演奏会も終了。全体的に、少し暗めの曲や重めの曲が
多かった様に感じました。DKな弾正的には「あー、この曲変身の
時にながれたらいいなぁ!」とか、これは普段のアラームで聞き
たいなぁ、とか、そんな曲も沢山。
原曲がある曲も、普通に聞くのとは全然印象が違っていて、これ
はマビノギのいい点なんだな、と。

今回も凄い楽しませて頂きました。ありがとうございました。
聴衆の立場でしかないのですが、ここでこそっとお礼を。
(もし、↑の感想で気分を害されたら、本当にごめんなさい。
一応、弾正の主観で書かせて頂いているので………)

次回も楽しみだなぁ。

本日のいろいろ
・紡織8突入。
mabinogi_2007_10_21_028.jpg
今まで以上にマゾいシルクオンライン。
実は蜘蛛の糸集めが苦手なので、ここで止めてしまうか悩み中。
そもそもシルクそのものを使う事が少なすぎだ………。

・最近のお気に入りポーズ。
mabinogi_2007_10_21_031.jpg
弾正がやると、頭がゆるそうで楽しいw
posted by 弾正 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
演奏会お疲れ様でしたー。

某T氏とも話したのですが、今回の演奏会って
「人間の感情に訴えてくる曲が多かった」
ような気がします。
強ち弾正さんの言ってる事もあると思います。
実際俺がそうでしたし<暗めの曲や重めの曲

とにかく、来ていただいてありがとうでした。
次回も都合が合えば是非お越しくだされ。
Posted by 七 at 2007年10月25日 00:08
こそりと。毎回レポート楽しみにしています、こんばんは。
ご来場ありがとうございました!
そして、丁寧なご感想をありがとうございます。励みにさせて頂いてます。

>少し暗めや重め
秋だからでしょうか…って季節は関係ないかもしれませんが、たまたま総合的にそうまとまったのでしょうね。

次回も是非ともご来場くださいませ。
Posted by Jadeite at 2007年10月26日 23:05
七さん>
昨日少しお話しましたが、オリジナル楽しみにしていますよー(*´∇`*)
でも、こう、人の心をかきたてるというか、ざわめかせる音楽に会えるってのは、やっぱ楽しいです。

Jadeiteさん>
こんばんは、毎回もう勝手にレポート書いてます。すみませんorz
まびたるさんの演奏会には珍しく、しっとり系の曲が多かった気がしますが、個人的に秋の夜長のまったり感にあって、凄く好きな演奏会でした。

次回も伺います。楽しみにしております(*´ω`*)
Posted by 弾正 at 2007年10月27日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。